チラシ印刷はプロに依頼しよう|品質で選びたいなら必読

記事一覧

印刷方法を選ぼう

ポップ

向き不向きがあります

より多くの人に商品やサービスの情報を届けたい時には、チラシやダイレクトメールが効果的です。特に書面のサイズが大きいチラシは、校正や印刷方法が異なることでコストの掛かり方や出来栄えが変わっていきます。上手にチラシ印刷方法を選定して、費用以上の効果を出しましょう。チラシ印刷にはオフセット印刷とダイレクト印刷があります。チラシ印刷でよく利用されるオフセット印刷は、大量にチラシを作成するときに向いています。校正を版に起こしてから印刷するので大量に印刷しても色ムラが少なくて済みます。比較的大きなサイズのチラシでもきれいに仕上がります。版を作成するために納期が掛かるので、すぐに配布したいチラシ印刷には向きません。納期を優先させるならばダイレクト印刷を選びましょう。この印刷方法は、版を作らずに高性能のトナーを内蔵したレーザープリンターを利用します。たくさんの種類のチラシを少しずつ作成したいときにはダイレクト印刷が向いています。印刷する用紙の肉厚が薄いもののみ可能で、肉厚があるとレーザープリンターの内部で引っ掛かるため作成が難しくなります。印刷方法は紙の肉厚との相性もあるので、印刷する前に業者へ確認するとよいでしょう。校正が一定時期しか利用できないものを作成するよりは、通年利用できるものにすると一度に大量に印刷でき、コストも抑えられます。作成枚数が多いほど低コストで作成できるので、販促費を軽減させながら長期的な販促計画を練りましょう。